AGAの薄毛の進行スピードについて

AGAを発症してしまった場合に気になるのは症状の進行速度であり、主な症状が薄毛であることから進行速度によっては非常に深刻な問題になることが多いと言われています。ただこのAGAの薄毛の進行速度に関しては個人差が大きいと言われていて、例えば2ヶ月から3ヶ月の間に一気に薄毛が進んでしまったと言うケースもあれば数年経過してようやく薄毛の症状に気づいたと言うケースもあります。
ただ一般的にAGAの薄毛はゆっくり進行するものだと言われており、そこまで急激に進行するものではないと考えられているようです。

ただし生活スタイルなどの習慣や頭皮のケアの具合によっては進行速度が速まってしまうことがあり、特にストレス過多の環境にいると言う場合は頭皮の環境が悪化しやすいことから進行速度を挙げてしまうリスクが高いと言われています。ほかにも偏った食生活や角の飲酒・喫煙なども血流の悪化を招いてしまうので頭皮の環境が悪化してしまう原因となっているので、結果的にAGAの進行速度を上げてしまう要因として注意喚起されています。

また頭皮のケアや正しくシャンプーができていないという場合でも進行しやすくなっているので、AGAになる前から予防して対策を立てておくことが重要だと言われています。
逆に言えば上記の進行速度を速めてしまう行動を改善する事によって進行を遅らせたり予防することは可能となっているので、AGAで薄毛になってしまっても自分たちである程度改善する事は可能であるとされています。

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ